不動産投資を手頃に

不動産投資信託での投資

不動産投資信託について

不動産に投資する場合、ある程度まとまった資金が必要です。場合によっては、銀行から借り入れが必要だったりします。手持ちの資金で、手頃な金額でできるのが、不動産投資信託です。REITともいうのですが、東京証券取引所に上場しているものもあります。そういったREITですと、株式のように売買されており、手頃な価格で購入できます。 REITは、運用会社が集めた資金で、いくつもの物件を購入して運用しています。リスク分散もできており、取引所が開いていればいつでも売買できます。資金が必要になれば、いつでも売却できるので、資金の流動性も確保できます。

不動産投資での専門家のサポート

不動産投資には、リスクもあります。特に気を付けておかなければいけないリスクは、空室リスクです。入居者を集めることができず空室が多くなると、家賃収入が見込みより減ってしまいます。購入した物件のローンを支払うのが難しくなりますから、最も注意しておきたいリスクと言えるでしょう。空室リスクの対策として有効な手段のひとつが、専門家のサポートを受けることです。専門家のサポートを受ければ、入居者を効果的に集めてくれますし、サブリースなどによりリスクを減らすこともできます。不動産投資を始めるなら、専門家のサポートを受けることも考えましょう。

不動産投資についての情報

新着情報

↑PAGE TOP