不動産投資での注意

不動産投資におけるリスク

不動産投資のリスクについて

不動産投資に積極的にチャレンジをしたい場合には、事前に様々なリスクを考慮することが重要な課題として挙げられます。現在のところ、ニーズの高い物件の選び方について、数々の媒体で特集が組まれることがあるため、空き時間を使いながら、信頼のおける情報源を見つけることが良いでしょう。また、大手の不動産会社が取り扱っている物件のほとんどは、リーズナブルな価格が設定されており、多くの消費者からの注目が集まっています。そこで、いざという時に備えて、投資性の高い物件の良しあしを見極めることが欠かせない事柄となっています。

投資用マンションの経営について

不動産投資でメジャーなのは、マンション経営だと思います。マンション経営に関しては1戸ごとに購入が可能なため、比較的、都心に投資用マンションを持ちやすいというメリットがあります。千代田区、中央区、港区の都心3区や、新宿区、渋谷区であれば地価が下がりにくい上に、東京の中でも人口が集中しているため、借り手も付きやすいと思います。また、都心で不動産経営をするのであれば、ファミリータイプのマンションではなく、ワンルームや1LDK位の広さの単身者用マンションが良いと思います。東京には、統計でファミリーよりも単身者が多いため、空室リスクが下がり、利益に繋がるからです。

↑PAGE TOP