賃借権について知る

地上権と借地法の適用

賃借権とはどんな権利ですか

賃借権というのは、賃貸借契約に基づいて、賃借人が契約の目的物を使用収益できる権利のことを言います。民法上の借り主が貸し主に対して持つ権利で、借り主は賃借料を支払う必要があります。その目的物は、建物でもよいし、土地でも良いし、本でもDVDでも何でも良いのです。ただし、住宅を借りる場合には借家法、土地を借りる場合には借地法が優先して適用されます。他人の土地に住宅を所有して住むための権利として、その他、地上権がありますが、これも含めて借地法が適用されます。

↑PAGE TOP